無意識に英語をインプットしなさい

無意識の状態でインプットすることが本当に効果があるのか?

これは40年以上の実績をもつウザワシステムで実証済みですし、ベストセラーの英単語のDUOにも毎日かけ流しをすることを薦めています。また、この無意識に脳にインプットする有用性は、「条件学習」「概念学習」で説明されていて、以下の私のブログにも掲載しております。

さて、kayイングリッシュスクールは、長年子供たちの英語指導で多くの問題を解決してきたウザワシステムを活用しています。これは、普通の生徒が普通の費用と時間で最高の効果を上げる英語学習法です。

多くの人が、英語で本を読んでも英語ではなくいつのまにか日本語で理解していたり、人と英語で話しても後で他の人に伝えようとすると日本語になってしまい、英語そのものは全く消えています‥‥。さらに、当時教えていた大人の生徒さんの中に、seeを’シー‘と発音する人がいました。’スィ‘です、というと’シー‘と言います。何度か練習していたら、’ちゃんと発音しています!’と怒り出しました。この時にハタと気づきました。この人の脳の入り口ではいつも日本語が番をしていて、スィーという音が耳に入ったら、日本語で一番近い音、シーにもっていってしまうのだと。これらは多くの日本人が経験をしているのではないでしょうか。

なぜ多くの人が英語から日本語にすり替えてしまうのか。

私たちの多くが英語を英語として理解できず、その結果、英語の上達に影響を及ぼしてしまう、その理由は何でしょうか。英語を正しく発音できない人や、文法を理解できない人がいるのはなぜでしょうか。これらの問いに対する答えは明らかなのです。ウザワシステムが、40年間子供達に英語を教えてきた結果、この理由を明らかにしました。それは、我々日本人の脳が働くというのは日本語が働くということ、だから日本語が番をしていない状態、多分無意識な状態でないと英語音はカットされて脳には入らないのだろう、と気づきました。無意識に英語を聞く小学生、特に低学年はすらすらときれいな英語で簡単に暗記しますが、中高生は発音も悪く、暗記もいわゆる日本語を意識して暗記している、つまり、頭で暗記しているということです。

http://kay-english.com/blog/cdかけ流しは有効か?/